イルビゾンテのキーケースを2年使用した感想

キーケース

・イルビゾンテとは

イルビゾンテは、イタリアの皮革製品ブランドでバッファローのマークが特徴的です。

イルビゾンテといえば、「ヌメ革」のイメージが強いと思います。(ヌメ革とは、タンニン鞣しされた皮革のことを言います。)

ヌメ革は皮革そのものの色をしており、使い方などによって経年変化や色味が変わってくるので皮革製品が好きな方におすすめです。

また、デザインも可愛らしいものからシックなものまで幅広くラインナップされているので男女問わず人気のブランドです。

実際に使用した感想

一言で言うと、使い勝手がいいキーケースです。

コンパクトで片手で開け閉めでき、ベルトループに通せるので便利です。

基本的に車のキーと家の鍵を入れて使っています。

ベルトループに通すリングはチタンリングに変えて使っています。

上記の画像のように大きく開き、開閉も楽です。

・エイジングに(経年変化に)について

革製品の魅力はなんといってもエイジングですよね!

日々使っているうちに色味が変わるなど深みを増していきます。

また、使えば使うほど柔らかくなり肌触りが良くなります。

このキーケースの場合は色の変化は大きくないですが深みが増していくという印象です。

まとめ

簡単ではありますがイルビゾンテのキーケースを紹介してみました。

使い勝手が良く革製品ならではのエイジングが楽しめるので毎日、愛着を持って使用しています。

是非、革のお洒落で使いやすいキーケースをお探しの方は手に取ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました